脱毛をしてみたい

私は今までの人生で一度も脱毛をしたことがありません。大学に入るまでは、脱毛という文化に触れることなく生きてきたので、そもそも脱毛ということが手軽に行われていることすら知りませんでした。しかし、大学に入学し、周りの友達がみんな、脱毛に通っていることを知り驚きました。そして、そこから脱毛を一気に身近に感じるようになりました。今まで、そして、今も私は、家で毛の処理を行っています。冬はそこまで頻繁に行わなくても長袖や長ズボンを履く機会が多く露出が少ないため隠してしまえばいいですが、夏になると半袖や半ズボンを履く機会が多く露出が増えることにより毛の処理をこまめに行わなくてはなりません。こまめに行うことは、まず面倒くさいです。脱毛をすれば、その面倒くささが無くなります。そのため、その時間を有効に使えると思います。1日は24時間という限られた時間しかないので、少しでも無駄な時間を省けるのならそれに越したことはないと思います。もう一つ、私が脱毛したい理由は、肌のことを考えて、です。家でこまめにカミソリを使って毛の処理をするのは面倒ということに加えて、肌を傷付ける機会を増やしていることにもなると思います。そのため、カミソリを使う機会を少しでも減らすためにも脱毛をしたいと思うようになりました。

脱毛サロンへのあこがれ

子供の頃から自身の毛深さには悩んでいました。中学生の頃に初めて試してみたものは、除毛クリームです。きついにおいに辟易しながら試してみましたが、思うように除毛できませんでした。結局剃刀を使用しましたが、きれいに剃るのは難しいですし、定期的にしなければならず、わずらわしいです。大人になってから、脱毛器を購入しましたが、あまりの痛さに数回で使用をやめてしましました。高い買い物でしたので、本当にもったいなかったです。
しかし、いくつになっても無駄毛には悩まされるものです。よく買い物に行っているショッピングモールに脱毛サロンが入っています。そばを通るたびに、行ってみようかと悩むのですがなかなか勇気が出ません。スタッフが女性とはいえ、他人に体毛を見られるのは恥ずかしい気持ちがあります。よく体験コーナーの看板を目にしますが他にも心配があります。痛みはないのか、どれくらい通えばどの程度脱毛できるのか、そして費用についてです。きちんと調べてみたわけではないですが、高額になるのではないかと思います。このことからなかなか一歩を踏み出せないでいます。しかし、体毛に煩わされることがなければ、お試しだけでも利用してみたいと思っています。